ABOUT IDEAL

However,
in the working environment,
I want to create a company dedicated
to education.

message from the President

KUMI MATSUI

ただ、働く環境に、人に、
教育にこだわった会社をつくりたい。

私はアクセサリーデザイナーとして社会人を始めました。
とくにそれになりたかった訳でもなく、
姉が働いていた会社で人手が欲しいからといういきさつで誘われるがままに入った業界でした。
その後、アクセサリー業界で、営業・販売・マーチャンダイザーとしてキャリアを重ねました。

20代の後半で出産した為、一度専業主婦になりましたが
離婚をきっかけに再度ビジネスの世界に戻る事になりました。
女手一つで子供を育てるには、経済的な自立と精神的な自立が必要でした。

それまでの自分のビジネス人生では主に右脳を使う仕事ばかりしていたので、
30歳になって初めて通信業界で事務員として左脳チャレンジをしました。
その会社で社内システムの構築のプロジェクトも任せてもらい、どんどんビジネスの幅を広げていきました。

現在の内装、什器施工の業界に入ったのは30代半ばに近い頃でした。
これもかなりの場当たり的な経緯で就職し、業種に対する経験も知識もありませんでしたが、
最終的には新宿支店の支店長と東京のエリアマネージャーを任せて頂きました。
知識ゼロの私を育ててくださり、活躍の場を与えてくださった前社の社長には今でも感謝しています。

2009年に株式会社イデアルを立ち上げることになりましたが、
前述した経歴の通り私はこの業界の仕事が得意だったわけでも、正直好きだったわけでもありません。
極端な事を言えば起業する業界はなんでも良かったのです。

ただ、働く環境に、人に、
教育にこだわった会社をつくりたい。

そしてあらゆる面で理想値を目指していく企業をつくりたいという想いでイデアルを立ち上げました。
「何の仕事をするか」という事は誰もが通過する大きな選択の一つですが、「誰と働くか」という事に関しては、
入社前に選択出来るものではありません。
だからこそ、「この人と一緒に働く事が出来て良かった!」と思える人がいて、
そしてまたその人も誰かに同じように思われる。
そんな幸福の連鎖が起こるような会社があったら、そんな会社がつくれたら・・・。
そんな青臭い想いで起業し、今でもその青臭い想いで経営を続けています。

イデアルを通して一人でも多くのお客様や
従業員の皆さまに
お会い出来る事を
楽しみにしております。

We pursue the
meaning of
human beings.

人が人である意義を追求する会社

私たちはシンギュラリティを歓迎します。

これからAIがもっと活躍する世の中がやってくると言われています。
誰にとっても未知な世界ですが、私たちはワクワクしています。

人工知能の歴史は1956年から始まっています。
第一次ブームが1956年から1960年。
第二次ブームが1980年代、そして2010年以降に第三次ブームが起こっていると言われています。
第一次と第二次があまり一般に知られていないのは、
限られた範囲の中で動くものしか開発されなかったことに原因があります。
人間によって決められた作業に対する指示の範囲の中で動くという事です。
これは、人工知能といっても人間がプログラムした動きをするだけなので、
例えばチェスの人工知能をつくるのに何万通りの動きをプログラミングしなければなりませんし
膨大な人員と時間がかかっていました。

ところが、インターネットの普及によりビックデータを活用することができるようになりました。
最初は幼い子供のようなAIも、ビックデータをどんどん取りいれて
勝手に学んで成長していくのです。
これこそが人類の望んでいたAIの姿なのです。

今、私たちはすでにAIに触れることができます。
ソフトバンクにいくとpepperに会うことができるでしょう。
Pepperはコミュニケーション型ロボットといわれ、相手の顔をみて年齢や表情などから様々な対応をしてくれます。
また、ロボットの形をしていないIBMが開発した「ワトソン」はアメリカのクイズ番組で人間のチャンピオンを破って優勝し、
賞金100万ドルを手にしました。
「ワトソン」の技術は医療分野にも活用されていくそうです。
蓄積されたビックデータから、患者の治療方針を的確に示すのです。
がんの治療のケースでは、専門の医学誌42誌のデータや臨床医療データが取り込まれ、
60万件に及ぶ医学的根拠や150万人分の治療カルテが判断のもとになるそうです。
私たちの生活は劇的に変わっていくことでしょう。

これによってたくさんの人たちは心配事が出てくるはずです。
自分たちがAIにとってかわられるのではないかという事です。
実際、もう取って代わられている仕事はたくさんあります。
「10年後に無くなる職業ランキング20」なんて記事もネット上に溢れかえっています。
AI時代の到来を批判しますか?いいえ、私たちは歓迎します。
AI時代の到来を批判することは19世紀に起こった産業革命を批判することと同じことだからです。
絶対に人間にしかできないことは何なのか。
AI時代の到来は「人間が人間たる意義」を追求していける良い時代だと考えています。

さて、イデアルはAI時代に生き残れるのでしょうか?
それは私たちにもわかりません。
わかっていることはひとつ。

イデアルは全員が人間たる意義を追求し、
人にしかできないサービスを
世界に提供する企業であり続ける
ということです。

Company’s
Profile

会社名
株式会社イデアル (ideal co.ltd)
所在地
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-34-25
神宮前リライアンスBldg B1
代表取締役
松井 くみ
従業員数
60名(アルバイト含む)
2019年3月現在
TEL
03-6427-2945
FAX
03-6427-2946
建設業
(内装仕上げ業)
東京都知事 許可 (般 -30) 第149596号
事業サービス内容
  • ・ショッピングセンター、百貨店、専門店、飲食店等、商業施設の内装管理及び施工
  • ・病院、老人ホーム、学校の内装管理及び施工
  • ・ホテル、スポーツ・娯楽施設の内装管理及び施工
  • ・展示器具、陳列什器、室内外装飾用品、家具等の 販売及び納品設置施工